"速く走る"こつを学ぶ 郡山・御代田小で「陸上教室」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
児童が速く走るこつを学んだ陸上教室

 御代田小は9月30日、郡山市の同校で東邦銀行陸上部コーチ佐藤真有さんを講師に招いた陸上教室を開いた。受講した児童たちが速く走るこつを学んだ。

 同教室は、同校の創立140周年記念事業として開かれた。佐藤さんは、北京五輪や世界選手権などに日本代表として出場した経験があり、2012(平成24)年の日本選手権400メートルで優勝、引退した。

 教室には全校児童約60人が参加。低学年、上学年に分かれ、佐藤さんから走り方などの指導を受けた。低学年の部では、スタート時の姿勢や体重の乗せ方などのポイントが説明され、児童らが取り組んだ。