男子は学法石川が5連覇 県高校駅伝、「完全優勝」達成

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【男子】両手を挙げてゴールする学法石川のアンカー真船=猪苗代町総合体育館前

 全国大会出場を懸けた男子第60回、女子第33回県高校駅伝競走大会は21日、猪苗代町総合体育館カメリーナ前を発着点とする男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われ、男子は学法石川が5年連続7度目、女子は田村が3年ぶり19度目の優勝を飾った。優勝校は12月20日に京都市で開かれる全国大会に出場する。

 男子は40校が出場。学法石川は7区間全てで区間賞を記録、2位の田村に6分以上の大差をつける2時間8分27秒でゴールした。21校が出場した女子は、田村が1、2区で学法石川にトップを譲ったが、3区で逆転するとそのまま押し切り、11秒差の1時間12分3秒でゴールテープを切った。

 上位各5校は11月12日に山形県長井市で開かれる東北大会に出場する。全国大会の京都開催50年を記念して、各県代表を除き東北大会で上位入賞した男女の1校ずつが、東北地区代表として全国大会の出場権を得る。

 学法石川、全区間でトップ

学法石川のアンカー真船恭輔(3年)がゴールに飛び込むと、歓喜の輪が広がった。「チームに勢いを与えたかった」と、1区を任された主将の阿部弘輝(3年)が号砲とともに飛び出し一気に加速。後続を突き放すと、2区以降は学法石川の一人旅となり、全区間で区間賞を記録する「完全優勝」を成し遂げた。

 「全国で優勝するために練習の質を上げた」と阿部。全国制覇を狙ったものの7位に終わった昨年の「都大路」での敗戦を胸に、新チームが結成されると、もう一度「日本一」を目標に掲げ厳しい練習を課してきた。

 これまで1000メートルの走破時間を2分45秒に設定していたインターバル走を5秒縮めた。きつい練習に倒れ込むこともあったが、「昨年と同じでは頂点に立てない」と、大舞台で味わった悔しさが選手たちを奮い立たせた。

 強風の中で行われたこの日のレース。盤石に見えた走りにも「満足な記録ではない。どんな条件でも力を発揮しないといけない。今回はあくまでも通過点」と選手たちは口をそろえた。悲願の「都大路制覇」へ慢心はない。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション