柏原竜二選手、子どもと交流 猪苗代湖ハーフマラソン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
親子の部の子どもと手をつなぎ、ゴールを目指す柏原選手(左)

 猪苗代町総合体育館カメリーナを発着点に25日、2774人が健脚を競った「猪苗代湖ハーフマラソン2015」。ゲストで参加した富士通の柏原竜二選手(いわき総合高卒)は親子の部に参加、元サッカー日本代表の秋田豊さんもハーフマラソンに出場、本県復興に思いを込めた走りを見せた。

 ゲストランナーの柏原選手は2キロ親子の部に参加。子どもたちとの交流に「元気で勢いがあった。地元に恩返しできる機会があり、ありがたい」と表情を緩めた。

 自身はフルマラソンで来年のリオデジャネイロ五輪を目指している。富士通で指導を受けてきた前日本記録保持者の藤田敦史さん(白河市出身)が4月から、駒大のコーチに就任したが、「(環境が変わっても)自分のやることは変わらない。選考レースで結果を残したい」と前を見据えた。

民友セレクション