"白熱の30メートル"に沸く 福島で「ももりんダッシュNo.1」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
観客の声援を受けながら、30メートルを全力で駆け抜ける子どもたち=福島市・福島駅前通り

 福島市の中心市街地に設けられた30メートルの特設コースで競う「第9回ももりんダッシュNo.1」は3日、同市の福島駅前通りで開かれ、参加者が市街地を駆け抜け、心地よい汗を流した。福島大トラッククラブなどでつくる実行委の主催、福島市商店街連合会などの共催。

 陸上競技の普及や市街地活性化を目的に毎年開かれ、今年は未就学児から大人まで11部門に約380人が参加。観客の声援を受けながら、30メートルを一気に駆け抜けた。

 最後は小学3、4年生の部の優勝者が30メートル走、陸上日本選手権100メートル障害覇者の紫村仁美さん(東邦銀行)が30メートル障害で勝負。白熱した一戦で会場を沸かせた。

民友セレクション