600人がタイム競い合い"力走" 西の郷ロードレース

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもからお年寄りまでが健脚を競った大会

 第25回西の郷ロードレース大会は10月25日、西郷村の同村民球場を発着点とする1~10キロのコースで行われ、タイムを競い合いながらも、子どもからシニアまで幅広い世代の参加者が走ることを楽しんだ。

 実行委員会の主催、西郷村、村教委、村体協の共催、福島民友新聞社などの後援。県内外のランナーら約600人が参加した。

 開会式では、中学生男子に出場した地元の根本裕太君(西郷一中)が選手宣誓。あぶくま源流太鼓の小、中学生、TMGスタジオBEATBANGの小学生が和太鼓演奏やダンスで大会を盛り上げた。