"力結集"女子・勿来一は23位 全国中学校駅伝、京都・桂V

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
粘りの勿来一の3年生リレーで3区大平からたすき受けた4区佐々木(右)=山口県セミナーパーク

 第23回全国中学校駅伝は13日、山口市の山口県セミナーパーク・クロスカントリーコースで行われ、女子(5区間12キロ)で初出場の勿来一が43分2秒で23位だった。女子は、桂(京都)がコース新記録の40分8秒で史上4校目の2連覇を達成した。

 4区・佐々木が4人抜き

 1~3年生の力を結集させ、初の全国大会で23位。小野剛監督は「お互いに支え合いながら力走してくれた」と目を細めた。

 1区に谷口亜実(1年)アンカーに庄司瑞生(2年)を勝負となる3キロ区間に据えたチーム。「距離が長い1区、5区は3年生が走らなきゃいけない。自分たちが結果を出さないと申し訳ない」と佐々木優佳(3年)。最上級生としてのプライドが奮いたった。

 1区谷口が強豪相手に奮闘し30位でたすきをリレー。2区川田梨桜(同)、3区大平佳奈(同)は「下がるわけにはいかない」と、抜かされても抜き返す意地を見せて順位を守り、仲間の思いに応えるかのように4区佐々木が4人抜きの力走で順位を押し上げた。

 「実力のある後輩がいたことは自分たちの刺激になった。来年こそは全国で入賞を果たしてほしい」。集大成のレースを終えた3年生は口をそろえ、後輩に思いを託した。

民友セレクション