「上位入賞目指す」田村が京都へ出発 全国高校駅伝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
出発式でお守りを受ける田村の選手たち

 男子第66回、女子第27回全国高校駅伝競走大会は20日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロのコースで行われる。女子が午前10時20分、男子が午後0時30分スタート予定。

 本県からは男子が5年連続7度目の学法石川、女子が2年ぶり20度目の田村が出場。京都開催50年記念大会のため、東北大会で特別出場枠を獲得した女子の学法石川も3年連続3度目の全国大会に挑む。

 都道府県代表の男女各47校のほか、記念大会の特別出場枠を獲得した男女各12校が熱戦を繰り広げる。開会式は19日午後3時から、同市体育館「ハンナリーズアリーナ」で行われる。

 女子第27回全国高校駅伝競走大会に出場する田村のメンバーは18日、開催地の京都市に向け出発した。

 出発式は三春町の同校で行われた。長岐博校長のあいさつに続き、鈴木義孝町長が「一人一人が力を出し切れば必ず良い結果が出る。伸び伸びと頑張ってきてほしい」と激励した。菊田久光PTA副会長、白岩良子同窓会長、桑山トミ子陸上競技部OB会長が選手にエールを送った。桑山会長が選手にお守りを手渡した。

 畑中良介監督が謝辞を述べ、渡辺理紗主将(3年)が「チーム一丸で上位入賞を目指す」と意気込みを語った。

民友セレクション