田村女子33位、中盤での挽回は"収穫" 全国高校駅伝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
田村の1区坂内からたすきを受ける2区折笠(右)=京都市・女子第1中継所

 1区坂内が後半の上り坂に苦しみ、区間47位とスタートダッシュを決められなかった。トップと1分31秒差でたすきを受けた2区折笠が7人抜きの快走で40位にすると、3区の1年生門馬が続き、5人抜きで35位に上げた。4区佐久間は残り1キロからのスパートで順位をさらに上げて31位でたすきをつないだ。最終5区の星は順位を二つ落としたが、粘りの走りで33位でゴールした。

 1、2年生で挑んだ田村。目標の8位入賞には届かなかったが、1区の47位から33位まで順位を上げる健闘をみせ、来年の走りに期待を持たせた。

 「いつも大変な1区をまかせて申し訳ない。自分が絶対に挽回する」。第1中継所。1区坂内美月(2年)の苦しい表情を目にした2区折笠有彩(同)はエースの遅れを少しでも取り戻そうと決心。苦手とする上り坂で気迫の走りをみせ下りも含め7人抜き。

 折笠に続く選手たちも奮起、一時は31位まで順位を押し上げた。

 畑中良介監督は「2、3、4区で立て直した。坂内の遅れをカバーできた点は良かった」と苦しいレースの中での収穫を口にした。

 選手たちにとって初の都大路。思い通りのレースとはならなかったが、「粘りの田村」の走りを全国に示した。アンカーの星梨佳(同)は「全国でも通用するという自信をつけ、また来年も来たい」と笑顔で語った。

民友セレクション