福島県、6位入賞 都道府県男子駅伝、1区・遠藤が区間賞

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
全国都道府県対抗男子駅伝で6位でゴールする本県のアンカー円井彰彦=広島市・平和記念公園前

 第21回全国都道府県対抗男子駅伝は24日、広島市の平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、本県は2時間21分17秒で東北勢トップの6位に入り、2年ぶりの入賞を果たした。

 1区・遠藤日向(学法石川高2年)が20分4秒で区間賞を記録するなど学法石川勢が健闘。2区・中沢雄大(石川中3年)が粘りの走りで2位、3区・住吉秀昭(国士舘大1年、田村高卒)は7位に順位を落としたが、入賞圏内を維持した。4区・相沢晃(学法石川高3年)は区間4位、阿部弘輝(同)は区間5位で6位に押し上げ、6区大塚稜介(若松三中3年)からたすきを受けた最終7区の主将円井彰彦(マツダ、田村高卒)が順位を守り抜き、ゴールした。

 2時間20分12秒を記録した愛知が15年ぶり2度目の頂点に立ち、17日の全国都道府県対抗女子駅伝とのアベック優勝を果たした。

 2区・中沢「力になれて良かった」

 2区・中沢雄大(石川中3年)は区間11位と健闘。「すごい先輩たちの力になれて良かった」とレース後、胸をなで下ろした。

 初の全国の舞台。「強そうな選手たちばかりでアップしている時は緊張した」と落ち着かなかったという。だが1区・遠藤日向(学法石川高2年)がトップで来たことで「スイッチが入った」と緊張が吹き飛び、終盤での粘り強い走りにつながった。成長株の中沢は高校でも陸上を続ける予定だ。「この経験を生かして、勝負強い学法石川の選手のようになりたい」と成長を約束した。