「快走」のこつを解説 東邦銀陸上部コーチの渡辺さん、塩川小児童を指導

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
渡辺さん(右)から速く走るこつを学ぶ児童ら

 陸上女子400メートルリレーの日本代表などとして活躍した東邦銀行陸上部コーチの渡辺真弓さんは9日、喜多方市の塩川体育館を訪れ、地元の子どもたちに速く走るこつなどを伝授した。同市教委の主催。トップアスリートと触れ合うことで、子どもたちに陸上の楽しさや魅力を感じてもらい、競技力の向上などにつなげようと開催した。

 塩川小の5年生約50人が参加。渡辺さんは、さまざまな動きを取り入れたウォーミングアップの仕方を紹介したほか、スタートや中間疾走のポイントを分かりやすく指導した。

 クラス対抗リレーも行われ、児童が白熱したレースを繰り広げた。この後、渡辺さんが児童に激励のメッセージを送り、児童の代表者が感謝の言葉を述べた。