川本和久氏が速く走るこつ指導 福島ユナイテッドの選手に

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
手本を見せながら選手らに速く走るこつを伝える川本氏(右)

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCのコンディショニングアドバイザーに就任した福島大、東邦銀行の両陸上競技部監督を務める川本和久氏は11日、福島市で福島ユナイテッドの選手を初めて指導した。

 練習に先立ち川本氏は選手に「J2、J1と上のカテゴリーへ行けるよう一緒に勝とう。絶対に足を速くすることを約束する」とあいさつした。

 川本氏は、はじめに選手の30メートルと5メートルのタイムを計測し、フォームなどを確認。「行きたい方向に頭を動かすことで速く始動できる」など、スタートのこつや力の伝え方を自ら手本を示して選手に説明した。

 栗原圭介監督は「走り方の指導は初めてで新鮮。サッカーに生かしていきたい」、MF石堂和人は「速く走って先にボールに追い付ければボールを保持できる時間も長くなるはず」と期待を寄せた。

 川本氏は月2回程度選手を指導する。