福男は佐久間さん、福女は鈴木さん 福島・信夫山で暁まいり競走

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
今年の福男、佐久間さん(左)と福女の鈴木さん

 福島市の信夫山に設けられた約1.3キロのコースを駆け上がる第4回暁まいり福男福女競走は10日、同山で行われ、男性1位の田村高3年佐久間幸希さん(18)が「福男」、女性1位の福島明成高1年鈴木葵さん(15)が「福女」に輝いた。

 福島青年会議所の主催、福島民友新聞社などの後援。日本一の大わらじを同山の羽黒神社に奉納する「暁まいり」に合わせて開催し、今年で4回目となった。

 約300人が出場し、麓の大鳥居から山頂の同神社までを疾走。寒さの中、傾斜の厳しい山道を駆け上がった。

 佐久間さんは初出場で福男の座を手にし、「1年のいいスタートが切れた。新しいことにチャレンジしたい」と笑顔で語った。3回目の出場で初めて福女となった鈴木さんは「走るのが好きで出場した。本当にうれしい」と話した。

 男女一緒にゴールした出場者の中で最も速かったペアに贈られるカップル賞には東北大2年の菊池誉史(よし)さん(20)と福島大2年の鈴木李英さん(20)が選ばれた。表彰式では、高橋美博理事長が男女の1~3位とカップル賞の受賞者に法被と副賞を手渡し、健闘をたたえた。

民友セレクション