バトンつないで42.195キロ 須賀川の稲田小でマラソンリレー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
拍手をしながらアンカーの角君(左)を迎える児童たち

 須賀川市の稲田小6年生全員でリレー形式で42.195キロの完走を目指す6年生マラソンリレーは8日、同校で行われた。児童たちが校庭でバトンをつないで思い出を共有した。

 6年生41人と担任らが参加。児童たちは2時間30分台でのゴールを目標に、1周200メートルトラックを1人約5周した。

 児童たちは1秒でも良いタイムでゴールしようと気持ちを一つに、全力疾走で校庭を駆け抜けた。アンカーの角昇真君(12)がゴールすると、記録は2時間32分23秒で、応援する児童たちから大きな歓声が上がった。角君は「協力して楽しく走れた。思い出になった」と話した。

民友セレクション