飯坂線沿線を走る ジョギング愛好者、地域の魅力再発見

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
飯坂温泉街でジョギングを楽しむ参加者

 福島市のジョギング愛好者グループ「ジョギング@ふくしま」(荒木健夫代表)は19日、同市の飯坂街道をコースにしたイベント「第2回ジョギング@ふくしまcafeひらなが」を開き、参加者が飯坂の魅力を楽しみながら走った。

 同グループは、健康増進と仲間づくりを目的に、毎週日曜日に市内でジョギングを行っている。今回のイベントは福島交通飯坂線の沿線を走り、地域の魅力を再発見しようと企画され、県内外から約50人が参加した。

 参加者はJR福島駅から飯坂温泉のカフェ「ひらなが」までの約10キロを走り、カフェで昼食を楽しんだ。ジョギング中に撮影した写真のコンテストを実施したほか、飯坂地区内のスイーツや総菜なども味わった。