新緑の中を駆け抜ける チャレンジ磐梯吾妻スカイライン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
四季の里を出発する選手ら

 福島市の磐梯吾妻スカイラインなどを走る第25回チャレンジ磐梯吾妻スカイラインは22日、同市の四季の里をスタート・ゴール地点とした約55キロのコースで行われ、渡辺宏悦さん(秋田県)が4時間21分16秒のタイムで優勝、県勢では根本浩幸さん(福島市)が4時間47分53秒で準優勝した。

 今年はコースの一部が昨年の豪雨災害の復旧工事で通行止めになっているため、四季の里―不動沢橋間などをコースに行われ、北海道から島根県まで約200人が参加した。

 参加者は早朝に霧に包まれた四季の里を一斉にスタート。選手はフルーツラインなどを通ってスカイラインに入ると、思い思いのペースで新緑の中を駆け抜けた。同大会はチャレンジ磐梯吾妻スカイライン実行委員会の主催、福島クレイジートライアスロンクラブの主管、福島民友新聞社などの後援。

民友セレクション