高校生・一般女子は鈴木が独走、3度目頂点 奥川健康マラソン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【高校生・一般女子5キロ】優勝した鈴木菜穂(ポラリス保健看護学院)

 第41回奥川健康マラソン大会は19日、西会津町の奥川みらい交流館(旧奥川小)を発着点に開かれ、高校生女子・一般女子(40歳未満)5キロは鈴木菜穂(須賀川市、ポラリス保健看護学院1年)が20分17秒で制した。

 「力を出し切って走れた」と勝利を喜ぶのは、高校生女子・一般女子(40歳未満)部門で優勝した鈴木菜穂。同部門では2年ぶり3度目の頂点に輝いた。

 須賀川桐陽高時代は陸上部で活躍し、長距離選手として東北大会に出場した実力者。レースでは、暑さのため前半は抑え気味に走ったが、後半からスパートを掛けて独走態勢でゴールした。「高校時代から練習回数は減っているが、まだまだ頑張りたい」

 モットーは「楽しく走ること」。高校卒業後も県内外の大会に出場し、さらなる高みを目指している。7月には東和ロードレース(二本松市)に出場するといい、「練習をしっかりと積みたい」と意気込む。さらなる活躍と、看護師になる夢は始まったばかりだ。

民友セレクション