陸上ってかっこいい! 古殿中でモンテローザ招き教室

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
走り幅跳びのデモンストレーションを披露した田中さん。生徒から歓声が上がった

 モンテローザ陸上競技部の指導者を招いた陸上教室は13日、古殿町の古殿中で開かれ、児童たちが陸上の魅力に触れた。同町の総合型スポーツクラブ「FULL SPO」の主催。

 2009(平成21)年のアジア陸上競技大会十種競技で優勝した同陸上部で部長・監督を務める田中宏昌さんと、12年の日本陸上競技選手権大会110メートル障害で優勝した助監督の八幡賢司さんが訪れた。2人は昨年、古殿小で開かれた陸上教室にも訪れている。

 全校生136人が参加した。2人は走り幅跳びやハードル、やり投げ、円盤投げなどのデモンストレーションを披露。生徒たちからは大きな歓声が上がった。また、速く走るこつも指導した。生徒たちは陸上のレベルアップのため、楽しみながら学んでいた。