郡山-いわき走破、女優・白羽ゆりさんも参加 1000キロ縦断リレー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ゴールする市民ランナーら=いわき市・アクアマリンパーク

 青森から被災地を走り、都内までたすきをつなぐ「未来(あした)への道1000km縦断リレー」のランナーは3日、郡山市の開成山陸上競技場からいわき市のアクアマリンパークまで97.9キロを走破した。

 同競技場で行われたスタート式では、品川萬里郡山市長が「各地に福島の元気な姿を発信してほしい」とあいさつ。ゲストでタレントのオスマン・サンコンさんが走者にエールを送り、ランナーを代表して吉田充伯さん(62)=いわき市在住、浪江町出身=が「震災の記憶を風化させないようにたすきをつなぎたい」と宣誓し、出発した。

 女優の白羽ゆりさん(福島市出身)、北京、ロンドン五輪に出場した元トランポリン選手の上山容弘さんがゲストランナーを務めた。

 4日は、アクアマリンパークを出発し、茨城県に入る。