安達太良連峰走破に挑戦 真舩さん、福島県復興を全国に発信へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
挑戦を前に意気込みを話す真舩さん

 下郷町の真舩孝道さん(37)=EWMファクトリー南会津開発センター=は7日、福島の復興などを全国に発信しようと、日本百名山の一つ安達太良連峰の登山口走破に挑戦する。

 今回の企画は「山の日」施行記念や自然公園などの未舗装の道を走るスポーツ「トレイルランニング」の一環。全長約70キロのコースを食料や水を事前に計算し装備する「ノンサポート方式」で敢行する。チャレンジを前に真舩さんは「福島の今を発信したい。支えてくれた関係者へ感謝の気持ちを込めて走りたい」と意気込みを語った。

 当日の予定は、フォレストパークあだたらを午前2時に出発。表登山口などを通り、同4時までに登頂する。新野地温泉登山口などを経由し、スタート地点のフォレストパークあだたらに午後6時50分ごろゴールする。