間寛平さんら福島県庁に到着 みちのくマラソン、たすきつなぐ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県庁前の中継地点で鈴木副知事ら職員の歓迎を受ける間さん(中央)=福島市

 タレントの間寛平さん(67)らが本県、宮城、岩手の被災3県を駅伝方式で縦走する「RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン」は12日、県庁に到着し、鈴木正晃副知事や大勢の職員らが歓迎した。

 岩手県宮古市までの約680キロのコースを約2週間かけて、間さんや被災地にゆかりのある芸能人、タレントたちがたすきをつなぐ。

 10日にJヴィレッジ(楢葉、広野町)からスタートし、12日は郡山市から福島市まで約53キロを走破、県庁で芸人のヒッキー北風さんにたすきをつないだ。道中、仮設住宅に立ち寄り、避難者と交流するなど元気を届けた。間さんは「復興に向けて頑張ってほしい」とエールを送った。

 県内は14市町村を通って宮城県入りする。13日は福島市から南相馬市まで走る予定。