「みちのくマラソン」ゴール 間寛平さんら被災3県をつなぐ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 タレントの間寛平さん(67)らが東日本大震災で被災した福島、宮城、岩手3県を駅伝方式でつなぐ「RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン」は24日、ゴールとなる岩手県宮古市の仮設住宅に到着した。最終走者を務めた寛平さんは、小学生や市民が声援を送る中、両手を上げてゴールした。

 マラソンは2012年に始まり今回が5回目。10日にJヴィレッジをスタートし、宮城県を経て宮古市までの約690キロを約2週間かけ、被災地に縁のある芸人らがたすきをつないだ。