「福島県中学校駅伝」6日号砲 西郷で開始式、男女各36校出場

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手宣誓する矢吹の永野(右)と柏木

 第59回県中学校体育大会駅伝競走大会は6日、西郷村の台上周辺コースで開かれる。男子は6区間18キロ、女子は5区間12キロでたすきをつなぎ優勝を競う。

 5日、村民体育館で開始式が行われ、昨年度優勝した男子の若松五と女子の勿来一が優勝旗、優勝杯を返還した。関内健県中学校体育連盟会長らがあいさつ、選手代表で矢吹の永野雄也(3年)と柏木レナ(同)が「正々堂々走り抜きます」と宣誓した。

 地区大会を勝ち抜いた男女各36校が出場。女子は午前10時、男子は同11時30分にスタートする。男女とも優勝校は全国大会(12月17、18日・滋賀県)、上位3校は東北大会(11月4、5日・宮城県)の出場権を得る。