ハーフ女子Aは桑原が圧巻4連覇 猪苗代湖ハーフマラソン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【ハーフ女子A】4連覇を果たした桑原絵理(AC須賀川)=猪苗代町総合体育館前

 猪苗代町総合体育館カメリーナを発着点に23日行われた「猪苗代湖ハーフマラソン2016」では、ランナーが各部門でタイムを競った。ハーフマラソンの男子で1時間10分26秒で2年ぶり2度目の総合優勝を果たしたB(30~39歳)の早坂光司(宮城・石巻RC)、女子を1時間22分39秒で4連覇したA(19~29歳)の桑原絵理(AC須賀川)ら、ランナーがコースを力走した。

 女王の座、揺るがず

 女王の座は揺るがなかった。女子ハーフAの桑原絵理は圧巻の4連覇。「前に進むしかないと思って走った結果」と勝利の余韻に浸った。

 「風を制することがコースの攻略になる」。昨年は突風が吹き荒れ、コースの難しさを痛感した。経験を生かし「風に合わせて粘って走った」と、向かい風では足腰で踏ん張り、追い風ではギアを上げスピードに乗った。最後は後続に約6分の差を付けゴール。周囲も納得のレースを披露した。

 1年間に30以上の大会に出場する。普段は体力を落とさぬよう、早朝6時から練習に取り組む。ハードな日々にも「走ることが好きだから」。たゆまぬ努力が結果につながった。

 今後については、来年の東京マラソンの出場権を獲得しており「フルマラソンで結果を残したい」と抱負。2時間51分の自己記録更新へ向けて走り続ける。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る