男子は学法石川『6連覇』、5区間で区間賞 福島県高校駅伝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【男子】ガッツポーズしてゴールする学法石川のアンカー加藤=猪苗代町総合体育館カメリーナ前

 「都大路」出場を懸けた男子61回、女子34回県高校駅伝競走大会は26日、猪苗代町総合体育館カメリーナ前を発着点とする男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われ、男女ともに学法石川が頂点に立った。優勝は男子が6年連続8度目、女子が2年ぶり3度目。両チームは京都市で12月25日に行われる全国大会に出場する。

 男子は39校が出場。学法石川は5区間で区間賞を記録し、一度も首位を譲らずフィニッシュした。21校が出場した女子は学法石川が2、3区で田村にトップを譲ったが、4区で3秒差まで詰め寄ると、5区の終盤で突き放し16秒差をつけてゴールした。上位各5校は11月10日に岩手県花巻市で開かれる東北大会に出場する。

 エース・遠藤日向も舌を巻く成長振り

 学法石川が今年も圧倒的な強さを見せつけた。1区序盤からトップに立ち、その後は終始独り旅。王者の貫禄で6年連続で都大路出場を決めた。

 昨年は全国大会で優勝候補の筆頭に挙げられた。今年は1、2年生が主体の若いチーム。1区を走ったエース遠藤日向(3年)は有力な先輩が抜けた春先時点でのチームを「力がなかった」と振り返る。

 ただ、遠藤が個人での大会出場などでの遠征を終え、夏にようやくチームの練習に合流すると、不在の間に力をつけたメンバーの姿がそこにあった。「久しぶりに一緒に練習したら、強いと感じた」。エースも舌を巻く成長ぶりだった。

 成長の裏にあったのは、エースに負けていられないという思い。4区を任された芳賀宏太郎(2年)は「いない間に強くなってびっくりさせたかった」と、練習に懸けた意気込みを思い返した。今となっては遠藤も「層の厚さは去年に負けていない」と胸を張る。

 チームの都大路での目標は「(昨年の)7位より上」。確かな自信を胸に、先輩たちが残した結果を越えに行く。