10キロ高校生以上女子は会田が新女王 蔵のまち喜多方健康マラソン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【10キロ高校生以上女子】40分35秒で初優勝した会田智子(JR東日本TSS)

 喜多方市の押切川公園スポーツ広場を発着点に3日開かれた第32回蔵のまち喜多方健康マラソン大会。最長の10キロは、35歳以下一般男子の加藤将士(郡山自衛隊)が32分16秒、高校生以上女子の会田智子(JR東日本TSS)が40分35秒でいずれも初の総合1位に輝いた。

 積み重ねた経験、実結ぶ

 経験豊富なベテランが復活劇を演じた。「競技場が見えてからゴールするまでが長かった」。10キロ高校生以上女子で会田智子は、仲間と共に逆境を乗り越え、悲願の頂点に立った。

 「走るのは限界かもしれない」。昨年末に体調を崩し、一時はレースから離れた。しかし、仲間の励ましが再出発を諦めかけた会田の背中を押した。「支えてくれた人に元気な姿を見せたい」と4月に復帰。10月の猪苗代湖ハーフマラソンでは2位に入り、今大会はリベンジを掲げて仲間とともにレースに臨んだ。

 競技場に到着したのはスタートの約30分前。十分な準備ができないままレースを迎え、序盤は出遅れた。それでも、練習で磨いたスピードを武器に2キロ付近で先頭を捉えると、最後は2位と3分48秒差の40分35秒でゴールに飛び込んだ。

 「どんな状況にも対応できるようにしてきた」と自負する。年間約30本のレースを積み重ねてきた経験が実を結んだ。「長い距離は苦手」と言うが、来年2月にいわきサンシャインマラソンと東京マラソンに挑戦予定だ。「陸上は努力した結果が実るのが魅力的」と会田。向上心を絶やさず、仲間と共に走り続ける。