速く走るこつ学ぶ スポーツ発掘事業、小学生トレーニング

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
速く走る練習をする児童

 県体協は27日、須賀川市民スポーツ会館で本年度うつくしまスポーツキッズ発掘事業を行った。参加した小学生が速く走るためのトレーニングを受けた。

 スポーツキッズ発掘テストで選抜された県内の小学3~6年生45人が参加した。スプリントトレーニングをテーマに、陸上を専門的に教えている宮田貴志さん(郡山東高教諭)らが講師を務めた。

 宮田さんは腕の振り方や足の運び方などのポイントを指導。さまざまなスポーツに共通する走る動作について伝えた。児童は速く走るこつをつかもうと一生懸命に臨んでいた。