男子・石川は前半で流れつくる 「全国中学校駅伝」18日号砲

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
入賞を目指す男子の石川

 第24回全国中学校駅伝大会は18日、滋賀県希望が丘文化公園で開かれる。都道府県代表の男女各48校(開催県は2校)が優勝を目指し熱いレースを繰り広げる。開会式が17日、同県の野洲市総合体育館で行われ、本県代表で21年ぶり3度目の出場の男子・石川と7年ぶり6度目の出場の女子・矢吹が上位進出を誓った。

 男子が6区間18キロ、女子が5区間12キロで争われる。女子が午前11時、男子が午後0時15分スタート予定。

 男子・石川は1区に吉田陵雅(3年)、2区に下山田稜(2年)、3区に近内俊介(3年)とチーム内の記録上位者を前半にそろえ、流れをつくる。

 東北大会で2位に入賞後も一人一人がレベルアップを図ってきた。大会が芝生コースで行われるため地元、石川町のゴルフ場で練習を重ねた。近藤仁一監督が「やれることは全てやった」と話すように、十分に準備して滋賀入り。

 主将の吉田は「緊張はあまりない」とリラックスした表情ながらも「入賞を目指す」と静かに闘志を燃やした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院惜敗、8強に届かず 夏の甲子園、強豪・広陵に4-6