「全国高校駅伝」25日号砲 学法石川男女チーム...上位へ闘志!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
レースでの健闘を誓う学法石川男女チーム=24日午後、ハンナリーズアリーナ

 男子第67回、女子第28回全国高校駅伝は25日、京都市西京極陸上競技場を発着点に男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われる。女子は午前10時20分、男子は午後0時30分スタート予定。24日は同市のハンナリーズアリーナで開会式が行われ、本県男女代表の学法石川の選手が活躍を誓った。

 都道府県代表の男女各47校が出場する。学法石川は男子が6年連続8度目、女子が4年連続4度目の出場。男子のエース遠藤日向(3年)はインフルエンザのため欠場が決まった。

 男子・エース不在も入賞目指す/女子・過去最高20位以内へ勢い

 【レース展望】1区を予定していたエース遠藤日(3年)がインフルエンザで欠場するため、大幅にオーダーが組み替わった。1区に抜てきされたのは3区予定だった半沢(2年)。15位以内で2区小指(1年)につなぎ、順位を上げたい。

 留学生が起用される3区は芳賀(2年)の踏んばりどころ。4区横田(1年)、遠藤日に代わって入った5区加藤(2年)も調子を上げてきている。6区遠藤拓(3年)、7区久納(2年)で追い上げたい。7人中6人が初めての都大路。エースは不在だが、4年連続入賞の目標に変わりはない。

 昨年は1、2年生のチームで42位。今年は過去最高の20位以内を目指す。

 1区は昨年2区を走った大塚(3年)。2区水沼(1年)と共に序盤でレースの流れをつくり、先行したい。3区はエース古寺(2年)。けがから復帰したばかりだが、勝負強さに期待。3区で20~25位以内に付けられれば、目標の10番台の可能性が見えてくる。

 4区新後(1年)、最終5区根本(3年)がどれだけ追い上げられるか。根本は3年連続で都大路を走り、昨年に続きアンカーを務める。最終盤で順位を一つでも押し上げたい。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦