関西県人会が学法石川・男女を激励 「福島県代表の誇り胸に」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
山田副会長(右)から激励金を受ける学法石川森校長と選手ら

 関西在住の本県出身者でつくる関西県人会は開会式後、ハンナリーズアリーナで本県チームの激励会を開き、都大路に挑む学法石川にエールを送った。

 山田昭市副会長が「練習の成果を発揮してほしい。がんばっぺ福島、がんばっぺ学法石川」、県大阪事務所の阿部秀宏所長が「感謝の気持ちや県代表の誇りを胸に走ってほしい」と激励した。

 山田副会長が森涼校長に激励金を手渡した。森校長が謝辞を述べた。

 石川町の加納武夫町長と同校同窓会の塩田金次郎会長も参加。加納町長が「最後の一歩まで頑張ってください」、塩田会長が「県民に夢と感動を届けてほしい」と力を込めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る