「川内の郷かえるマラソン」4月30日開催 川内優輝選手らゲスト

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 春の川内路を駆け抜ける第2回川内の郷かえるマラソン「走りだそう!次の一歩へ」は4月30日、川内村ヘリポートをスタート・ゴールに開かれる。村などでつくる実行委は今月31日まで、出場者を募っている。

 原発事故からの復興を進める中、「マラソン大会で村を盛り上げたい」と当時小学生の発案がきっかけとなって昨年始まった。

 前回に続きゲストに、「公務員ランナー」として知られ、昨年の福岡国際マラソンで日本勢トップの3位だった川内優輝選手と兄弟2人、2015(平成27)年のさいたま国際マラソンで日本勢最高の2位に入った吉田香織選手を迎える。

 今大会は、タイムを計らずに村内の「川内優輝ロード」を走ってもらうファンランや中学生3キロの部を新設したほか、1.5キロのファミリーの部は2~4人で参加できるよう改めた。

 ハーフや10キロ、5キロの男女各部も行われる。前回は仮装した出場者が多かったため、仮装賞を用意する。

 実行委によると、定員1400人で、これまでに約970人がエントリーしている。ハーフの参加枠は残りわずかとなっている。問い合わせは実行委(電話0240・38・3838)へ。