「都道府県対抗男子駅伝」22日号砲 学石・遠藤日向らで上位狙う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は22日、広島市の平和記念公園前を発着点に7区間、48キロで行われ、各都道府県の代表ランナーが古里の誇りをたすきに込めてゴールへつなぐ。開会式は21日午後4時から同市の広島国際会議場で行われる。

 昨年6位の本県代表は優勝を目標に掲げる。アンカーは全日本実業団対抗駅伝で各チームのエース級が走る最長4区で区間2位と好走したふるさと選手の今井正人(トヨタ自動車九州、原町高卒)が務める見通し。

 高校生区間の1区、4区、5区は本県高校長距離界をけん引する学法石川高勢が名を連ねる。全国高校総体5000メートルで日本人トップの遠藤日向(3年)をはじめ、半沢黎斗(2年)芳賀宏太郎(同)の走りで上位へと押し上げる。

 第93回東京箱根間往復大学駅伝で4区を務めた阿部弘輝(明大1年、学法石川高卒)は3区を走る予定。中学生区間の2、6区は、全国中学駅伝1区で区間8位の吉田陵雅(石川中3年)ら注目株がそろう。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」13日開幕 福島県勢3校、センバツへ闘志