晴天の『いわき路』...9313人力走! いわきサンシャインマラソン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
一斉にスタートするフルマラソンの選手たち=12日、いわき市・いわき陸上競技場前

 「いわき市市制施行50周年記念事業~いわき ステキ 半世紀~第8回いわきサンシャインマラソン」は12日、いわき市で開かれた。全国各地から9313人のランナーが出場、「いわき路」を疾走した。

 いわき市と福島民友新聞社、読売新聞社などでつくる実行委員会の主催。フルマラソンには過去最多の5971人が参加。大会長の清水敏男いわき市長の号砲でいわき陸上競技場をスタート、小名浜港アクアマリンパークを目指した。

 制限時間内に5236人が完走。沿道では市民が声援を送ったほか、大会には大勢の市民ボランティアが大会運営に携わり、力走するランナーを後押しした。

 フルマラソンのスタート合図は大会長の清水敏男いわき市長が務めた。号砲が打ち鳴らされると、ランナーがフィニッシュを目指して走り出した。

 スタート前のセレモニーでは、清水市長が晴天に恵まれた空を指さし「ブルースカイブルーのまさにサンシャインの天候の下で多くのランナーを迎えられてうれしい。復興の姿を発信したい」とあいさつ。スペシャルゲストのリオ五輪女子重量挙げ銅メダリスト三宅宏実選手が「ランナー一人一人の目標達成を願っています」とメッセージを送った。

 フルマラソンコース、いわきの名所楽しみ疾走

 フルマラソンはいわき陸上競技場をスタートし、小名浜港のアクアマリンパークをフィニッシュとする日本陸連公認の42.195キロのコースで行われた。

 いわき市平―小名浜地区を結ぶ幹線道路の通称・鹿島街道、太平洋を望む永崎海岸沿い、江名港、上り坂が難所の三崎公園、産業(臨海)道路などを巡る高低差に富んだ設定で、ランナーはいわきの名所を楽しみながら疾走した。

 フルマラソンに併せて10キロ、5キロ、2キロ、2キロ親子の4部門がアクアマリンパークを発着点に行われ、ランナーが自己記録更新などに挑んだ。

 【動画】9313人が『いわき路』疾走 いわきサンシャインマラソン