三宅宏実選手...応援する喜び再認識 いわきサンシャインマラソン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
表彰式でプレゼンターを務める三宅選手

 リオ五輪女子重量挙げ銅メダリストの三宅宏実選手はゲストとして初参加、ランナーに声援を送った。「応援する喜びを再認識した」と、大会を振り返った。

 スタート地点を振り出しに、沿道から残りの距離を伝え、「頑張って」と声でランナーたちの背中を押した。ランナーから手を振ってもらったり、声援を受け三宅選手自身も元気づけられたという。「懸命に走るランナーたちの姿が目に焼き付いた」。表彰式ではプレゼンターも務め、全国からランナーが集う一大レースで、三宅選手は終始笑顔が絶えなかった。

 千葉麻美さん、陸上の魅力を実感

 ゲストランナーの女子400メートル日本記録保持者の千葉麻美さん(東邦銀行)は、沿道から声援を送ったほか、表彰式ではプレゼンターを務め、大会に花を添えた。

 今季限りでの引退を表明したが、ランナーの懸命に走る姿に「陸上が好きな気持ちが伝わってきた」と刺激を受け、陸上競技の魅力を再確認した。

 トークショーにも出演し、他のゲストランナーと軽快なトークを披露。来場者に、陸上競技の楽しさを伝えた。

 【動画】9313人が『いわき路』疾走 いわきサンシャインマラソン

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る