強風で名簿200枚飛び5人分紛失 いわきサンシャインマラソン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市は17日、同市が実行委員会事務局を務める第8回いわきサンシャインマラソンの開催準備中に、ランナー5人分の個人情報が記載された参加登録名簿1枚を紛失したと発表した。全ランナーの名簿255枚のうち約200枚が強風で飛ばされ、1枚を回収できなかったという。

 市によると、大会前日の11日午後10時30分ごろ、10キロの部などのスタート会場となっていたアクアマリンパークに設置されたテントで、バインダーにとじて置かれていた名簿が重りごと強風で飛ばされた。職員や警備員らが回収したが、1枚は見つからなかった。

 名簿はゼッケン再交付などに使用するもので、紛失した1枚には本県、宮城、秋田の各県から参加したランナー5人の名前、生年月日、住所、連絡先などの個人情報が記載されていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院惜敗、8強に届かず 夏の甲子園、強豪・広陵に4-6