陸上って楽しい! 小中学生合同練習会と福島AC入部テスト

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
合同練習会で汗を流す選手ら

 福島市陸上競技協会は11日、同市の信夫ケ丘陸上競技場で小中学生陸上競技合同練習会と福島AC(アスリートクラブ)短距離部門の入部テストを行い、参加した児童、生徒がさまざまな競技で汗を流した。

 合同練習会には市内の小、中学校から約100人が参加。短距離や長距離のほか、走り幅跳びやハードルなど普段行っている競技以外の練習も体験した。

 また、併せて同協会が運営する福島ACの小学生対象の短距離部門入部テストも行われた。

 福島ACの短距離部門入部テストは5月9日にも同競技場で行われる。入部条件は〈1〉あいさつができること〈2〉縄跳び二重跳びを連続60回(5年生は50回)〈3〉60メートルを10秒(5年生は11秒)以内で走れること。希望者は午後7時までに同競技場に集合する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院惜敗、8強に届かず 夏の甲子園、強豪・広陵に4-6