南相馬...笑顔のたすきリレー 鹿島-小高駅伝「ひとつになれた」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
復興を願いたすきをつないだ参加者=19日午前、南相馬市原町区

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が帰還困難区域を除いて昨年7月に解除された南相馬市で19日、鹿島区から原町区を通り、小高区までを駆け抜ける駅伝が開かれた。約40人が南相馬の復興を願い、たすきをつないだ。

 「南相馬市"避難解除"復興祈念駅伝トライアル」と銘打った駅伝で、地元のランニング任意団体「チームM4」が主催。JR常磐線の鹿島駅前を出発し、陸前浜街道(旧国道)を南下して小高駅を目指す19キロのコースで行われた。

 『一体感醸成』一本のたすき3人で

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被害を受けた南相馬市の一体感醸成を目指して19日に開かれた「南相馬市"避難解除"復興祈念駅伝トライアル」。一本のたすきを3人で、鹿島、原町、小高の三つの区ごとにつなぐ今回の駅伝では約40人が走り、スタッフも支援に力を合わせた。フィニッシュ地点の小高駅では最終走者たちが手を握り、フィニッシュテープを切った。

 旧小高町、旧鹿島町、旧原町市が合併して2006(平成18)年1月に誕生した南相馬市。合併から5年が経過した11年に震災と原発事故が発生、避難区域の設定によって小高区全域が警戒区域(20キロ圏)、原町区の大部分が緊急時避難準備区域(20~30キロ圏)となり、ほぼ30キロ圏外の鹿島区は無指定だった。

 出場者の一人で、同市原町区出身の早大1年中島穂高さん(19)は「別々の町が合併して誕生した南相馬市。たすきでつないだことでひとつになれたと思う」と話した。実行委員を務めた市立総合病院医師の小鷹昌明さん(49)は「大きなトラブルもなく、楽しく走れたと思う。三つの区のつながりを感じられたと思う」と振り返った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「第99回夏の甲子園」開幕 開会式、聖光学院ナイン堂々行進