「被災地縦断リレー」7月24日スタート 高橋尚子さんらPR役

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京都と都スポーツ文化事業団は7月24日~8月7日の日程で、今年も東日本大震災の被災地から東京都までたすきをつなぐ「未来(あした)への道1000キロ縦断リレー2017」を行う。PR役のアンバサダーに陸上の高橋尚子さんと朝原宣治さん、車いすテニスの国枝慎吾さん、レスリングの伊調馨さんが就任した。ゲストランナーとして、車いすバスケットボールの豊島英選手(いわき市出身)の参加も予定されている。

 5回目となる今年は青森県~東京都までの約1250キロ約150区間をリレー形式でランニングと自転車でつなぎ、復興への取り組みなどを発信する。7月31日に本県入りする予定で、8月4日まで県庁や開成山陸上競技場、アクアマリンパークなど県内各地を巡る。同2日には県庁―福島一中の区間でゲストランナーにスキーの荻原次晴さんを招いた100人規模の「ふれあいランニング」も開く。

 参加費は無料で、申し込み多数の場合は抽選となる。5月31日まで申し込みを受け付ける。公式ホームページなどから申し込む。問い合わせは運営事務局へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手