今井正人選手、円井彰彦選手も力走 田村高マラソン大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
力強い走りを披露する今井選手(左)

 田村高の校内マラソン大会は27日、三春町で開かれた。第80回大会を記念し、ゲストランナーに箱根駅伝などで活躍した今井正人選手(トヨタ自動車九州、原町高卒)、同校卒の円井彰彦選手(マツダ)の2人が招かれ、力強い走りを披露した。

 生徒は16.5~4.8キロのトップアスリート、アスリート、レギュラー、ビギナーの4コースに分かれてタイムを競った。

 今井、円井両選手は開会式であいさつし、生徒に自身の高校時代の経験を伝えながら、けがなく一生懸命に走る大切さを訴えた。

 今井選手はスタート前、「やるぞ!」と声を出してこぶしを挙げ、レース前の生徒を盛り上げた。生徒は、国内トップクラスの選手の走りに刺激を受けた様子だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が福島県勢初『秋春連覇』 春季東北大会、6年ぶりV