日本新Vに1億円 いわきサンシャインマラソンがMCC参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県いわき市で開かれる日本陸連公認のフルマラソン大会「いわきサンシャインマラソン」の実行委員会(会長・清水敏男市長)は26日、同市で会合を開き、来年2月11日開催の第9回大会について、マラソンチャレンジカップ(MCC)の参加を決めた。フルマラソン優勝者が日本新記録で優勝すると1億円、大会新記録を達成すると最大100万円の賞金が贈られる。

 MCCは、一般財団法人アールビーズスポーツ財団がマラソン挑戦者を応援しようと本年度から始めたプロジェクト。4月現在で全国29大会が参加を決めている。いわきサンシャインマラソンでは、男子は2時間19分01秒を上回って優勝すれば賞金50~100万円、女子は2時間47分38秒を上回り優勝すると賞金10~100万円がタイムに応じて授与される。

 このほか第9回大会では、医師や看護師、救急救命士が走りながらランナーの救護活動などを補助する「メディカルランナー」を導入する。前回大会に引き続き、外国人ランナーの参加を積極的に呼び掛ける。

 大会名は「駆け抜けよう!フラガールのふるさとを 第9回いわきサンシャインマラソン」。募集定員は例年と同じ1万人で、申込期間は9月1日から10月13日まで。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場