梅津さん5時間34分15秒V チャレンジ磐梯吾妻スカイライン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
四季の里を一斉にスタートする選手

 高低差約1400メートルのコースで健脚を競う第26回チャレンジ磐梯吾妻スカイライン大会は28日、福島市の四季の里を発着点とした約66キロのコースで行われ、梅津宗一郎さん(郡山市)が5時間34分15秒で優勝した。

 今年は3年ぶりに磐梯吾妻スカイラインを一周するコースで行われた。県外から参加した約200人のアスリートが男女混合で優勝を争った。

 最高齢は76歳だった。選手は高湯街道などを通ってスカイラインに入り、思い思いのペースでコースを駆け抜けた。

 大会はチャレンジ磐梯吾妻スカイライン実行委員会の主催、福島クレージートライアスロンクラブの主管、福島民友新聞社などの後援。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み