「猪苗代湖ハーフマラソン」10月22日号砲 全20種目、参加募る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「猪苗代湖ハーフマラソン2017」は10月22日、猪苗代町総合体育館カメリーナを発着点に開かれる。1日から参加申し込み受け付けを始める。定員5000人で電話やファクス、インターネットで受け付ける。8月31日までだが、定員になり次第締め切る。

 大会は東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う風評を払拭(ふっしょく)し、本県の安全・安心と、美しい風土を国内外に発信しようと毎年開催している。

 同町で5月31日、第1回実行委員会が開かれ、実施要項などが承認された。男女5キロ高校生以上の2部門が新設された。高校生を除く18歳以上の年齢別ハーフマラソンなど全20種目を行う。ハーフマラソンのコースは前回と同じく国道49号や115号、町内を駆け抜ける21.0975キロ。磐梯山や猪苗代湖が織り成す豊かな自然を満喫できる。

 福島陸協、福島民友新聞社、福島民報社、猪苗代町でつくる実行委の主催、県南陸協、会津陸協の主管、ゼビオの特別協賛。

 申し込みはスポーツエントリー(電話0570・550・846、ファクス0120・37・8434)、問い合わせは事務局(電話0242・63・1363)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場