「オリンピックデーラン」当日参加も可 喜多方を7月2日走る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 喜多方市の押切川公園スポーツ広場で7月2日に開かれる「2017オリンピックデーラン喜多方大会」は、事前申し込みを30日まで延長し、当日参加も受け付ける。

 同大会はオリンピック・ムーブメントアンバサダーの大林素子さん(バレーボール)、伊藤華英さん(水泳・競泳)とオリンピアンの朝原宣治さん(陸上競技・短距離)、野藤優貴さん(スキー・スノーボード)、平瀬智行さん(サッカー)、平野早矢香さん(卓球)が参加する。

 一緒にジョギング(2キロ、3キロ)やウオーキング(4キロ)、オリンピック実施競技体験、オリンピアンにチャレンジ(50メートル競走、サッカードリブル競走)、○×クイズ、トークショー、サイン会などを行う。

 誰でも参加可能で、未就学児は無料。参加料は事前申し込み1人500円(当日800円)。

 同大会は国際オリンピック委員会、公益財団法人日本オリンピック委員会、NPO法人日本オリンピアンズ協会、喜多方市、喜多方市教育委員会、公益財団法人喜多方市体育協会の主催、公益財団法人日本体育協会、公益財団法人日本陸上競技連盟、福島民友新聞社の共催。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる