青空の下『よ~いドン!』 南相馬・小高区で「よしすぽ学園」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
走り方のこつを学ぶ児童

 運動習慣を身に付けてもらおうと、よしもとクリエイティブ・エージェンシーは14日、南相馬市小高区の小高小でイベント「よしすぽ学園」を行った。

 よしすぽ学園は体力向上などを目的に昨年度始まり、県内初開催となった。東京女子体育大の協力で、小高、鳩原、金房、福浦の各小学校の児童約60人が正しい走り方を身に付けた。

 水戸アスリートクラブ(茨城県)代表の小圷(こあくつ)広之さんが講師を務め、腕の振り方や脚の動かし方などを指導。子どもたちは楽しみながら学んでいた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる