「1000キロ縦断リレー」福島県入り 相馬市役所で式典

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
両手を上げてゴールテープを切る走者=相馬市役所

 東日本大震災からの復興支援に向けて青森県から本県など被災地を通り、東京都まで約1800人がたすきをつなぐ「未来(あした)への道 1000km縦断リレー」の走者が31日、本県入りした。

 この日のゴール地点となった相馬市役所で式典が行われ、8人が相馬高吹奏楽部の演奏に迎えられテープを切った。佐藤憲男副市長が「復興の励みになる」と述べた。

 ゲストでシドニー五輪競泳銀メダリストの中村真衣さんと元プロサッカー選手の水内猛さんが「全国の人が復興を応援していることを忘れないでほしい」と呼び掛けた。

 この日は宮城県庁から相馬市役所まで11区間75.4キロを約60人で走破した。1日は相馬市役所から県庁までの83.5キロを予定。県内では4日まで、郡山市の開成山陸上競技場やいわき市のアクアマリンパークなどをたすきでつなぐ。

 リレーは7月24日に青森市をスタート、今月7日に東京・両国国技館にゴールする予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」