駒大コーチ・藤田さんが指導 中高生、ランニング技術鍛える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
藤田さん(右)の講話に聞き入る生徒ら

 男子マラソンの前日本記録保持者で駒沢大陸上競技部コーチの藤田敦史さん(白河市出身)によるランニングクリニックは3、4の両日、同市陸上競技場で開かれ、藤田さんが高校生らの記録向上に向けて技術・精神両面で指導した。

 地域の子どもたちの競技力向上が目的。藤田さんと同大陸上競技部員4人が講師を務め、3日は高校生、4日は中学生を対象に実施。

 このうち高校生向けのクリニックには、同市などの陸上部員約30人が参加。五輪出場がかなわなかった藤田さんは「悔しい競技生活だったが、指導者になって五輪に行けなかった経験が役立っている。いい結果を残すため、競技力向上に役立つ情報を吸収してほしい」と選手らを激励した。

 また、同大陸上競技部監督の大八木弘明さん(会津若松市出身)との出会いなどについて講話したほか、グループ別に技術面をアドバイス。参加者らは藤田さんらの指導に目を輝かせていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる