全国のランナーが交流 「伊達ももの里マラソン」前夜祭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
全国から集まったランナーらが交流した前夜祭

 伊達市で27日に開かれる「第57回伊達ももの里マラソン大会」の開会式、前夜祭は26日、同市保原市民センターで行われ、全国から集まったランナーが交流を深めた。

 約250人が出席。大会長の仁志田昇司市長が「とにかく楽しんで走ってほしい」と歓迎の言葉を述べ、共催者代表で菅野厚福島民友新聞社常務があいさつした。

 大会を全国にPRする「ふれあい大使」や、ゲストランナーとして出場する富士通陸上競技部の星創太選手(会津工高卒)が紹介された。実行委員長の湯田健一市教育長の発声で乾杯した。

 大会は実行委の主催、福島民友新聞社などの共催。同市保原中央交流館を発着点に開かれる。37部門に6550人がエントリーしている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン