星創太選手「2年前以上に活気」 伊達ももの里マラソン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ゲストランナーでレースに参加した星創太(富士通)

 第57回伊達ももの里マラソン大会は27日、伊達市保原中央交流館を発着点に開かれ、市民ランナーが熱いレースを繰り広げた。ゲストランナーの星創太(富士通陸上競技部、会津工高卒)は快走で市民ランナーをリードした。

 ゲストランナーとして2度目の参加となった星創太(29)は「(前回参加した)2年前以上に活気があふれていると感じた。皆さんすごい元気」とランナーの熱気に驚いていた。

 2キロの小学3年男子の部と10キロの部で走った。小学3年の部で一緒に走った先頭のランナーは大会記録を更新。子どもたちの活躍に「とてもうれしい」と目を細めた。

 今後はニューイヤー駅伝の予選や、自身2度目の挑戦となるマラソンのレースを控える。市民ランナーの活力に触れた星は「自分で納得できるレースをしたい」と誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず