「第9回いわきサンシャインマラソン」9月1日受け付け開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市で来年2月11日に開かれる「第9回いわきサンシャインマラソン」は9月1日から、申し込み受け付けが始まる。定員は5種目で計1万人。いずれの種目も先着順で定員になり次第締め切る。実行委員会の主催、市と市教委、福島陸協、市体協、福島民友新聞社、読売新聞社の共催。

 定員は42.195キロのフルマラソン(日本陸連登録者、一般男女)が7000人。10キロ(一般男女、高校男子)は1400人、5キロ(一般女子、高校女子、中学男女)は700人、2キロ(小学男女・3年生以上)は500人、2キロ親子(子どもは小学1、2年生)は200組400人。参加料はフルマラソン7500円、ほかの種目は1000~3500円。

 申込用紙は同市の公共機関や店舗などで入手できる。大会ホームページ(http://www.iwaki‐marathon.jp/)からも申し込み可能。10月13日まで(郵便振替による申し込みは9月29日まで)。

 エントリーに関する問い合わせは、いわきサンシャインマラソンパンフレット発送センター(電話03・3714・7924)へ。大会に関する問い合わせは市スポーツ振興課内の実行委事務局(電話0246・22・7607)へ。

 ◆総合1位に「金栗杯」

 いわきサンシャインマラソンは第9回大会から、東日本大震災以降中止されている勿来の関マラソン大会の歴史や伝統とともに「金栗杯」を引き継ぎ、総合1位のランナーに贈る。

 勿来の関マラソン大会は1958(昭和33)年に始まり、「日本マラソン界の父」とされる金栗四三氏に由来する「金栗杯」を優勝者に贈呈してきた。2011年3月6日開催の第54回大会以降中止され、今後再開も困難として、いわきサンシャインマラソンに承継される。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず