限界挑戦!ゲレンデ逆走耐久レース 第5戦、最後の力振り絞り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ゲレンデ逆走耐久レースに臨む選手たち

 猪苗代町の6スキー場が協力して原発事故の風評払拭(ふっしょく)を目指すイベント「GAMBARUZO!ふくしまゲレンデ逆走マラソン2017」今季第5戦「3時間ゲレンデ耐久レース」は16日、同町のファミリースノーパークばんだい×2スキー場で行われ、参加者が自分の限界に臨んだ。

 開会式では福島市を拠点に活動するシンガー・ソングライターave(エイヴ)さんが逆走マラソンのために作った曲「登り切るまで振り向くな」を披露した。

 約220人がエントリー。参加者は1周3キロ、標高差390メートル、最大斜度30度のコースを3時間走る間の周回数を競った。3キロコースの周回数に加え、最後の10分間で400メートルコースの周回数を競う「バトル10」では、選手が最後の力を振り絞って熱走を見せた。

 第6戦は「10月21日」

 今季最終戦の第6戦「磐梯山ハーフマラソン」は10月21日、同町の猪苗代スキー場で開かれる。プロ野球の元読売巨人軍の鈴木尚広さん(相馬高卒)がゲスト参加する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手