男子は湯本一V、主将・長谷川が10人抜き鼓舞 福島県中学駅伝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
両手を突き上げてゴールテープを切る男子・湯本一のアンカー林(3年)

 駅伝の第60回県中学校体育大会は5日、福島市の県営あづま総合運動公園で開かれ、男子は湯本一、女子は天栄がそれぞれ大会新記録で優勝を飾った。湯本一は4年ぶり4回目、天栄は初優勝。地区大会を勝ち抜いた男女各33校が出場。男子は6区間18.05キロ、女子は5区間11.87キロでたすきをつないだ。男子の湯本一は4区で2位に順位を上げると5区でトップに立ち、2位の高田を37秒引き離して快勝した。女子の天栄は2区から好位置につけ、5区の終盤で若松一に逆転した。優勝校は12月16、17日に滋賀県で開かれる全国大会に、上位3校は11月3、4日に宮城県で開かれる東北大会に出場する。

 主将・長谷川「チームや家族のおかげ」

 4区で10人を抜く区間新の快走を見せ、優勝の立役者となった主将の長谷川健太(3年)は「支えてくれたチームや家族のおかげ」と周囲への感謝を口にした。

 チームは3区を終えて12位と苦しい展開。長谷川は「自分が流れを変える」とたすきを受け取ると、次々と選手を抜き去り、気付くと2位に躍り出ていた。長谷川の走りにチームは勢いづき、5、6区も力走で、長谷川の走りに応えた。

 湯本一の駅伝部は部員約100人の大所帯。長谷川は、チームがうまくまとまらず「自分が主将にふさわしいのか悩んだ」と苦労を振り返る。話し合いなどを重ねて徐々に心を一つにし、チームでつかんだ勝利だった。「全国では一人一人がベストの走りをして、入賞したい」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る